作家紹介


十三代 髙取八山 HACHIZAN TAKATORI

 

1960年 髙取焼宗家十二代八山の長男として生まれる。

 

1986年 京都市立芸術大学陶芸科卒業。

 

1993年より 1年余り 大徳寺派 廣徳禅寺に於いて、福富雪底官長・海雲老師の許で修行。帰窯後、髙取古窯跡の発掘陶片を元にして研究、作陶に努める。

 

2000年 東京三越本店にて個展開催。

 

2001年 『世界陶磁器エキスポ』(韓国ソウル)朝鮮陶工後裔展に招待出品。

 

2003年 『現代韓日陶芸展』(韓国ソウル)招待出品。


髙取春慶 SHUNKEI TAKATORI

1989年 十三代八山の長男として生まれる。

 

2010年 九州造形短期大学卒業。帰窯後、3年間作陶。

 

2015年 遠州流茶道宗家 小堀宗実御家元の許で修行。

 

2018年 帰窯後、十三代の指導の許陶芸に励む。 


髙取七絵 NANAE TAKATORI

1963年 福岡市に生まれる。

 

1986年 京都市立芸術大学染織科卒業。

 

 

1988年 京都市立芸術大学 染織専攻科大学院修了。

    髙取焼宗家に嫁ぐ。

 

 


作品紹介


茶陶器


十三代 八山 

作品についてのお問い合わせは

 ☎0946-74-2045

または、お問い合わせのフォームにて承ります。


茶入 十三代 八山造


水指 十三代 八山造


花入 十三代 八山造


茶碗 十三代 八山造


茶碗 春慶造


和食器



料理とのコラボ

高取焼宗家の器は、派手さはないのですが、食材やソースの色味を引き立てるという高評価を頂いております。

そのため和食はもちろん、洋食のプロの料理人の方々にご愛顧頂いております。

最近は、ホームパーティーの多い一般のご家庭やお料理がご趣味の主婦の方々にもご支持頂いてます。

小ロットからのご注文も承っております。
どうぞお気軽に、お問い合わせ下さい。