髙取焼直系窯変遷図・系図 黒田藩御用窯


敷地内にある様々な建物


初代 八山と妻しらとの墓。

飯塚で没した初代の墓を当窯元に移築した。

当時の黒田藩の末裔である黒田長禮公のご厚意により、朝鮮式の盛り土の墓を建立。


髙取焼宗家の敷地内にある神社。



当窯元に移築した茶室。

 

 

現在の福岡市内の千代町あたりにあった迎賓館「常盤館」にあった離れのお茶室。

その昔、中国の指導者・孫文が寝泊まりしていたという。