高取焼 ー遠州七窯ー takatoriyaki


高取焼は、織部風な古高取から小堀遠州の指導のもと 薄くて軽い瀟洒な焼物へと変わっていきます。

遠州が指導していた全国各地の焼物である『遠州七窯』の中でも高取焼は筆頭にあげられています。


また、黒田藩の御用窯としても 茶道具を作っていました。

 




いにしえの技そのままに・・・。

唐臼で搗いた土は、丁寧に形造られ、やがて薪によって炎に包まれる。

登り窯でしか現れない表情。色合い・手触り。

 

本物を見極められる人にしかわからない味。

いつかは、「髙取焼」。

そう思ってくださる方へ・・・。


手にした時にわかるひと味の違いを感じて頂きたい。


FACEBOOK PAGE


 

 


    うつわSTORY

 


登り窯焚き動画

2015年5月4日、民陶祭中に登り窯を焚きました。

たくさんの方々にご覧いただき、大好評でした。

あさくら観光協会の取材VTRをどうぞご覧下さい。