髙取焼の歴史


 筑前黒田藩の御用窯であった髙取焼は、慶長五(1600)年、現・福岡県直方市郊外の鷹取山南麓において築かれた「永満寺窯」にはじまります。この永満寺窯を築いたのが髙取焼始祖・八山です。

初代八山・八蔵重貞は、士分に取り立てられ、筑前国に入部した黒田長政公より、鷹取山に因んで「髙取」の姓を拝領しました。髙取姓となってから、八山は慶長十九(1614)年、内ヶ磯に移り、「内ヶ磯窯」で十年間制作しました。

雄渾な作風から、次第に瀟洒で洗練された作風となっていったのは、この窯の後半です。徳川三代将軍家光公の茶道指南役・小堀遠州公の指導を受け、「遠州七窯」の筆頭として多くの中興名物を造り出しました。その後、初代・八山は白旗山(現・飯塚市幸袋)に窯を移し、同地で生涯を閉じました。

 

二代・八蔵貞明は、寛文五(1665)年、上座郡鼓村(髙取焼宗家現住所)に移り「鼓窯」を築きました。さらに、四代・源兵衛勝利は、享保元(1716)年、早良郡麁原郡(現・福岡市早良区)に「東皿山窯」を開き一年の内半年は鼓窯に滞在して双方で制作を行う「掛勤」を行い始めます。以後代々、明治四(1870)年の廃藩置県まで、この掛勤が続きました。

 

このように、永い伝統によって培われた髙取焼の技術は、秘伝書として残され、直系窯である当家に一子相伝によって伝えられてきました。


高取焼 ー遠州七窯ー takatoriyaki


高取焼は、織部風な古高取から小堀遠州の指導のもと 薄くて軽い瀟洒な焼物へと変わっていきます。

遠州が指導していた全国各地の焼物である『遠州七窯』の中でも高取焼は筆頭にあげられています。


高取焼と名乗る窯元は数多くございますが、唯一の直系窯である高取焼宗家は、現在でも遠州流のお家元にご指導いただきながら、作陶しております。


 

また、高取焼の特徴である薄造りは写真の『唐臼』によって、細かく砕かれた土でオリジナルの粘土を作ることで完成されています。








FACEBOOK PAGE


登り窯焚き動画

2015年5月4日、民陶祭中に登り窯を焚きました。

たくさんの方々にご覧いただき、大好評でした。

あさくら観光協会の取材VTRをどうぞご覧下さい。



https://youtu.be/pzNaHC_nH3w

筑前黒田藩御用窯として、黒田家に茶陶を献上していました。