高取焼 歴史



1600年頃、日本は戦国時代。当時、手柄を立てた戦国武将には恩賞として領地を与えられるのが一般的でした。しかし領地には限りがあるために茶の湯の名器を褒美として与え、家中の統制に活用していました。その後の泰平の世の江戸時代になっても、各地の大名は競って陶工を招き、名器となる器の生産に力を入れ珍重したのです。また、陶工も士分の位などを与えられて大切にされてまいりました。

黒田藩の初代藩主・長政公に見いだされた『髙取八山』(たかとりはちざん)もその一人です。
黒田藩は八山に福岡県直方市の鷹取山の地に最初の御用窯を築かせました。
その後、山田、飯塚、と移窯し二代目の時期に現在の東峰村に移り、現在の十三代八山までに至っています。
御用窯であった髙取焼は藩主にのみ献上していた隠し窯。
名器をひとつ焼き上げると残りは全て割り捨てられるほど、徹底した献上品作りを通したために一般の世の中では出回ることはありませんでした。
唯一無二の名器を生み出すには、薄づくりを叶える土と技術、さらに釉薬の製法にこだわりと秘法が込められています。釉薬は一子相伝の秘伝書を通じて伝えられておりますが、伝承者のみにしか理解できない記述となっており、四百年もの長きに渡って、秘密は守り続けられています。

高取焼宗家はこうして一子相伝の技法を頑なに守り続け、権力者や茶人のみにしか持つことができなかった唯一直系の伝承の窯です。


黒田藩御用窯・唯一の直系窯


 

 

 

写真は、初代 八山の朝鮮式の盛土になったお墓です。

 

初代  八山は、飯塚の白旗山窯で亡くなりそこに弔われましたが、近年、当窯元の11代静山によりお墓を当家に戻しました。

 

その際には、当時の黒田家の当主  黒田長禮公にご寄進頂きまして、その石碑も建てられています。

 

 

初代 八山は、妻『しらと』と共に静かに、当家の伝統を見守っています。

 

 

 

 

 

 


 

 

髙取歴代記録

 

 

 

 

『文禄元年、秀吉公朝鮮御征伐の時、御先手として長政公御渡海遊ばされ候節、御陣所の近辺に井土と云う村里あり、此所に居住して瓷器を製し産業とせし八山と号せしものあり。如水公長政公に謁し奉り、両君も其の良工なる事を知ろしめされ、御供仕り日本へ来るべき旨仰せられ、八山も両君の御仁徳を慕い奉り、則ち御請け申し上げ、御凱旋の時、後藤又兵衛基次に命ぜられ、八山召連れ来るべき由仰付られ、基次我家人桐山常右衛門を指添え船路の事を司らしめ、八山夫婦並に一子以上三人御供して渡海』

 

(黒田氏は当時豊前六国を領して中津に居城)

 

      当家に代々伝わる古文書です。

 

 

 

 

 

 


淡交テキスト 掲載


淡交テキスト  やきものを知る12のステップに十三代 八山の仕事を掲載していただきました。

どうぞ手に取ってご覧ください。


お知らせ


 

 

この度、3月21日に福岡市美術館がリニューアルオープンしました。

その中のミュージアムショップに高取焼宗家の作品を置いていただけるようになりました。
福岡市美術館が所蔵する御先祖の下面取茶碗の写しを末裔である十三代八山が再現しています。
直系の当家に伝わる秘伝の釉薬・技術ならではの作品。
また他にも、茶道で使う器や日常の器などもございます。
是非、福岡市美術館にお出かけの際はご覧下さい。

髙取焼宗家 NET SHOP